高齢者施設の利用者

介護施設の導入事例の増加と反響について

当社のフットケアを導入いただいている施設についてのお知らせです。介護施設などでフットケアの需要が高まっている背景や、施設側の導入メリットについてご紹介します。(2019年8月22日更新)

介護施設への出張によるフットケア導入が進む背景

私達はデイサービスの施設や、老人ホーム、グループホームなどの高齢者に対し、出張・訪問によるフットケアサービスを行っています。

厚くなって自分では切れなくなった「肥厚爪」、歩行機会が減ることによって悪化しやすい「巻き爪」、長年放置していた「タコやウオノメ」など、歩くと痛みを感じるというのは、大変切実な問題です。

人には言えないけど、長年足元のトラブルに困っていたというケースや、痛みを抱えていながらそのままにしてきたという方が多くいらっしゃいます。歩くことによって筋力を維持し、健康寿命をのばすためにも、高齢者のフットケアは益々重要視されています。

高齢者の足爪ケアを行ったときの反響

「ドクターネイル爪革命」「足のトラブル119番」「メディカル・フレッシュ」など、弊社のフットケアサービスを導入頂いた施設では、”巻き爪・魚の目・タコ・足裏の角質”に対してケアが出来なかった高齢者の方々にフットケアを体験して頂き、定期的な訪問ケアを行っております。

導入いただいている理由の1つは、私達がフットケア専用の機器を用いて、痛みのないケアを行うために丁寧なケアを心掛けていることです。もし痛かったら、ケアすることが怖くなって放置してしまう可能性があります。ドクターネイル爪革命のフットケアを通じて、「楽になった」「痛くなかった」「歩きやすくなった」と大変喜んでいただいております。

施設の関係者が安心して導入できるメリット

高齢者の施設でフットケアを実施している様子

施設の関係者の方々の中でも、フットケアサービスの重要性に気づいていながらも、これまで対処できずにいたというケースがよくあります。フットケアの専門知識や専門機器をもっているケースはほとんどない為「不用意にケアをして何かあった時に責任がとれない」と考えるからです。

私達のような専門家にお任せ頂ければ、万が一のトラブルがあった場合も安心して頂けます。フットケアを行う施術者は、施術者賠償責任補償制度に全員が加入しているため、施術によって万が一ケガをした場合でも施設側に問題や責任がかからないようになっています。

導入施設の一覧

ドクターネイル爪革命の店舗が周辺にある老人ホーム、デイサービス、グループホームでは、フットケア(魚の目、巻き爪、肥厚爪、タコ、かかとの角質)を出張サービスでご利用いただけます。導入いただいている施設の一部をご紹介させて頂きます。随時一覧は更新していきますので、ぜひ施設をご利用の際にはご体験ください。

>フランチャイズ加盟募集中

フランチャイズ加盟募集中

ドクターネイル爪革命・足のトラブル119番、メディカルフレッシュなど、フットケアのフランチャイズ加盟店・オーナー様を募集しています。

CTR IMG